『Dead Island』をプレイ中……はぁ~1人だと怖いなぁ…

ここでは、「『Dead Island』をプレイ中……はぁ~1人だと怖いなぁ…」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3連休にまったく更新しなかったのは、まあ画像を見ていただければわかるかと思いますが、PC版『Dead Island』をプレイしていたからです

 というのも現在Steamのサマーセール中なのですが、丁度スペシャルで安かった事や、以前からプレイしてみたかったこともあり他数タイトルと共に購入しました

 それにしても面白い

 まず日本語化についてですが、ありがたいことに有志の方々によるMODが配布されており、それを導入しました

 手順はいたって簡単で

 1、日本語化表示Modファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルに含まれるDIJPMODinst.exeをダブルクリックしゲームデータのある場所にファイルを展開(最新のVer0.45の場合)
 *Steam版ではライブラリ→Dead Islandを右クリック→プロパティ→言語を英語に設定しないとうまく反映されません


 2、日本語化用テキストファイルをダウンロードし、マイドキュメントのDead IslandフォルダのDataフォルダ内に配置
 日本語化用テキストファイルはカタカナ・原文・意訳の3種類があり私は意訳版を置きました

 3、後は起動してメニューが日本語になっていれば成功です

 


 このゲームいわゆるクローズドサークル的状況の中、島から脱出を目指すオープンワールドのアクションRPGになるのですが、デットライジングによく似ています

 というのもリゾート地でのゾンビ大発生・その辺のもので攻撃・設計図により武器を改造など似ている部分が多いので第一印象としてそう思われる人もいるかと思います

 
 ……ただ恐怖度と緊張感がハンパなく違います
 デットライジングがTPS(サードパーソンシューティング)、三人称視点であるのに対し、デットアイランドはFPS(ファーストパーソンシューティング)、1人称視点であるため視界が限定され、横や背後からいつ襲ってくるのかという緊張感がかなりあります

 デットアイランドでは数人のゾンビに囲まれると、死を覚悟しなければなりません
 それほどまでに驚異的なのはゾンビが強いということと、こちらの武器が基本近接戦闘しかないので嫌でも近づかなければならないからです


 主人公は4人いてそれぞれ得意な武器や戦法が異なっており、レベルアップ時の成長要素のスキルも違っています
 私はそんなことも知らず普通に女性キャラクターで始めましたが、結構しっくりきています
 得意な武器は刃物で、ハイパーモード的な復讐を使うと一定時間強力なナイフ攻撃が繰り出せます


 まだACT2の最後の方なのでストーリーに関してはどうともいえませんが、個人的にはオープンワールド系に良くあるお使いミッションなども気にならなく遊べるタイプなので非常に面白いです
 ただ1人で遊んでいると多少の寂しさを感じたりはしますけどねw
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://detectiveboys8553.blog113.fc2.com/tb.php/5348-1fb3fc36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。